1月15日京都8Rに出走

新年明けまして、京都のダート1800mに出走。

コーナーで加速して最後の直線に向かうこのコース。

坂を下りながら一気に加速するような追い込み馬が有利なのかと思いきや、逃げ馬や先行馬の勝率と複勝率が高いとJRAのコース解説にあります。

戦術的にはメイショウカマクラに合っているコースのようです。

騎手は酒井騎手に乗り替り。

9時45分の時点で15番人気、単勝オッズは50.9倍。馬券妙味は十分。

前走は前を走る人気馬と競って、共に大敗。

クラスの壁はあるにしても、まだまだ未開拓の原石。

ちょっと心配なのは8枠に入ったメイショウカマクラの内、7枠にロイヤルパンプという同型馬。5枠にもコパノチャーリーと、すんなりハナには行けそうもない。だが、考えてみればハナにこだわる必要はないのだ。前にポジションが取れれば良い。息が入れば直線でもジリジリ粘り強く加速するのが持ち味のはず。

ホームグランドで激走を期待!

酒井騎手、頼みますよ!

この記事へのコメント