11月5日のメイショウカマクラ

11月5日の京都8R 3歳以上500万下 ダート1900m に出走しました。

前走人気に応えられなかった内容にもかかわらず、またしても2番人気に推されました。

結果から言いますと、8着に敗れました。

今回はハナを切って、逃げました。

元々体格が良いのか、プラス6kgでの出走になりました。

馬の成長と教育の途中なんでしょうか?

だとしたら楽しみはじっくり、もう少し先になりますね。

素質はあるはずなので早く勝ちきるところを見たいですね。

イメージすると、先団でレースをすすめ直線で差しきるようなレースをしてほしいです。素人が考えるようにはいかないのでしょうが、次のレースではそんなレース運びを見てみたい。

お父さんのシンボリクリスエスは体格も同じぐらいながら、少しずつ体重を絞りながら勝ち上がりました。
レース運びも中団か、やや前でしたし。シンボリクリスエスの血統なら中山競馬場のように直線できつい勾配があるようなコースで活躍できるような気がします。ぜひ一度試してほしいなぁ。
直線で威風堂々坂を駆け上がる姿を見たいです。


この記事へのコメント