メイショウカマクラを応援して競馬を楽しもう!

なぜメイショウカマクラなのかといえば、ただの個人的な好みの話なのですが。

競馬を楽しむ上でとても良いお手本になる予感がしたのです。

そして、馬券を買う上で大事な要素を教えてくれるはずです。
それをこれから紹介します。

1.未勝利戦を勝ちました



4戦目にして勝ち上がりました。
直線抜け出してからの攻防がとてもいいです。
2016/01/09の3歳新馬戦から5ヶ月。
すべてダートの1800mで100%連対です。

2.メイショウカマクラはどんな馬

血統は、

お父さんはシンボリクリスエス。ダービー2着してその秋の天皇賞1着、ジャパンカップは3着に敗れたものの有馬記念を制しました。翌年初戦は宝塚記念で5着も秋の天皇賞を連覇、ジャパンカップはまたも3着、そして有馬記念を連覇します。

お母さんはカイロローズ。そのお父さんはサドラーズウェルズで、とてもスタミナがありG1馬をたくさん輩出しました。

つまり、非サンデーサイレンス系でありながらとても力強く可能性を秘めた血統だと思えます。

オーナーは、

メイショウという冠名でおなじみの松本好雄さんです。かつての活躍馬にメイショウサムソン、メイショウドトウなどのG1馬がいます。個人的にメイショウドトウには思い出深く、その頃競馬を始めた私はひたすら応援しました。いえ、ひたすら馬券を買いました。ライバルのテイエムオペラオーに勝った時の感動は忘れられません。今思えば、あれが2強の終わりの始まりだったのかもしれません。ちなみにメイショウドトウも1月の京都1800mダート戦がデビュー戦でした。

厩舎は、

沖芳夫厩舎。栗東の雄で、かつて超良血といわれたナリタトップロードを管理していました。

3.メイショウカマクラをどう買うか?

ダート戦に出たら買いたいですね。直線の追い比べで差し返す根性はすさまじい!早めに抜け出してそのまま後続を突き放すレースを見せてくれそうです。すごく見たい!
芝のレースに路線変更してきたら、ちょっと様子を見ます。しかし、心の中ではドキドキです。メイショウドトウ再来か?

これからのメイショウカマクラ

とにかく怪我や病気をしないで元気に走り続けてほしいです。
そして、ファンをたくさん魅了してほしいですね。



この記事へのコメント