メイショウカマクラ、1000万下初挑戦の結果は

12月24日中山8R1000万下ダート1800mに出走したメイショウカマクラは、先行して14着に大敗。 気合が入りすぎたのか2番手で良い位置にいて4コーナー出口では一瞬先頭になるも、見せ場無く後退。まったく息が入らなかった様子。やはり昇級初戦は厳しい。 混戦を制したのはブランシェクール。同じ3歳の牝馬ながら、中山の未勝利戦、500万下で1番人気になり、どちらも勝ちきっている。調教は併…

続きを読む

メイショウドトウの事をちょっぴり話します

2000年の有馬記念はテイエムオペラオーが優勝、2着はメイショウドトウだった。 2000年の宝塚記念でテイエムオペラオーと初めて闘ってから幾度と無く激戦を繰り返した。 GⅠは9戦1着1回2着5回3着1回の堂々たる戦績。 2着だったレースは、2000年宝塚記念、天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念、2001年天皇賞(春)全てテイエムオペラオーが優勝している。 そして、運命…

続きを読む

2016有馬記念を終えて

有馬記念終わりました。 とても綺麗なレースでしたね。 マルタージアポジーがハナを切り、キタサンブラックが単独の二番手。 後続は淡々と追走。 4コーナーを抜けて直線に入る頃には逃げたマルターズアポジーが役目を終え後退、直線の追い比べは前に付けた有力馬3頭の追い比べ。 わずかな差ではあったが、サトノダイヤモンドが先着した。 この結果については、天才武豊も納得だろう…

続きを読む